小僧寿し迷走場当たり経営の成れの果て・・・いっそ倒産したら?

小僧寿し迷走

小僧寿し迷走、メチャクチャすぎ! 社長不祥事に大規模希望退職、はては「経営方針考えて!」と公募

持ち帰り寿しでおなじみの「小僧寿し」が2014年8月7日、「希望退職者」と「経営方針に関する意見」の募集を行うと発表した。
このところ小僧寿しは「巨額の赤字」「事業の迷走」「社長が会社の口座から個人の口座に入金」など、悪い話題ばかりが目立ってしまっている。ここにきて経営陣からの「お手上げ」宣言ともいえる発表があったことで、ネットユーザーらは総ツッコミだ。

17億円超の赤字予想も

かつては「持ち帰りといえば小僧寿し」といわれるほどの存在で、「小僧~寿っしチェーン♪」という軽快なCMソングでも広く知られていた小僧寿しが「ヤバいのでは?」と話題になったのは、2013年1月までさかのぼる。
45歳以上の正社員を対象に、12年12月末時点の正社員数の3分の1にあたる60人程度の希望退職者を募ると発表した。「そういえば最近店舗見かけないな」「今は回転寿司が人気だもんなぁ」など、時代の変遷を嘆くような声が上がっていた。
13年7月には、商品ラインナップのほぼ半数にあたる41品目の価格を「1円」値下げした。回転寿司チェーンなどで値上げが進む中「『安い』『旨い』『ボリュームがある』にこだわっていきたい」という意図だったようだが、「お得感薄いよ」「1円値下げで消費者の気持ちが動くとは到底思えない」と残念ながら不評だった。
14年2月に発表した13年12月期の連結最終業績予想では、なんと17億2700万円の赤字に。「いよいよ潰れてしまうのか…」と不安が広がった。

Jcastニュース

回転すしの潮流を読めなかったのが最大の敗因でしょう。

経営判断のしっぱい。

ワンマン経営の成れの果てかなあ。

こういう会社って下からの意見なんてまったく聞き入れてもらえないからねえ。

10人のうち9人が間違っている経営方針とわかっていても、

誰も社長を止められないんだよねえ。

「裸の王様」状態。

こうゆう間違った経営判断をして社長が暴走すると、

有能な人材も成り行きがわかっているから会社から去っていくんだよ。

そうすると無能なYESマン社員で行くとこまで行ってしまう。

よくある話だけどねえ。

でもワンマンだけど「社員のために会社を存続させなければ・・・・。」というまじめな社長もいる。

むずかしいですなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク