小保方晴子氏絶体絶命のピンチ 「論文の手法ではSTAPできない」

小保方晴子氏絶体絶命のピンチ 「論文の手法ではSTAPできない」

小保方氏、絶体絶命のピンチ 「論文の手法ではSTAPできない」

2014年8月27日に理化学研究所が発表したSTAP細胞検証実験の中間報告では、現時点ではSTAP現象を示す兆候が確認できていないことが明らかになった。STAP現象再現までに超えるべきハードルはさらにいくつかあり、論文に記述された方法では再現できないことが判明したといってもおかしくない内容だ。
今回の中間報告には、カギをにぎる小保方晴子ユニットリーダーの実験内容は含まれていない。小保方氏は中間報告を準備したチームとは別に検証実験を進めているが、まだ「予備実験」の段階。この「予備実験」の内容は一切明らかにされず、STAP現象再現の手がかりは見えないままだ。

(→続き;Jcastニュース

小保方晴子

スポンサーリンク

小保方晴子さんなら実験できるのか?

存在しない可能性高まった?
小保方晴子氏は細胞の作製に200回成功したと説明したが、それほど簡単に作れるものでないらしい。
「実験のこつ」を知っているという小保方氏が、自ら再現できるかが焦点になるだろう。

そんな何十年も無駄なことして過ごしていたとは思えないし、
もし存在してなかった場合でも謎の原因究明をするべきだと思われる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク