【しゃぶしゃぶ木曽路】3店の松阪牛実は無銘柄牛

しゃぶしゃぶ木曽路3店の松阪牛、実は無銘柄牛

しゃぶしゃぶ木曽路3店の松阪牛、実は無銘柄牛

しゃぶしゃぶチェーン「木曽路」(本社・名古屋市)は14日、大阪市、神戸市、愛知県刈谷市の一部店舗で、少なくとも2012年4月から今年7月末までの間、無銘柄の和牛を「松阪牛」や「佐賀牛」と偽って提供していたと発表した。

 計7171食を、銘柄牛と偽装して出したという。

 メニュー表示と異なる牛肉を使って提供されたしゃぶしゃぶやすき焼きは、北新地店(大阪市北区)で6880食、神戸ハーバーランド店(神戸市中央区)で245食、刈谷店(愛知県刈谷市)で46食。具体的には、しゃぶしゃぶのコース料理のうち「和牛特選霜降り肉」(5500円、税抜き)の牛肉を「松阪牛」(7000円、同)などとして提供していた。大阪の店舗では、食品の虚偽表示が各地で相次いで発覚した昨秋以降も続いていた。

 問題は今年7月、木曽路北新地店が大阪市消費者センターの立ち入り検査を受けたことをきっかけに、同社が全店を対象に2012年4月から今年7月末までの間の牛肉の仕入れ状況などを調査した結果、判明した。同社は2012年3月以前についても調査を進めているが、「各店舗の売り上げと仕入れのチェックに弱い部分があった」(幹部)と説明している。

 同社によると、問題の3店の料理長は、社内調査に対し、「店の利益を増やすためにやった」と話しているという。

読売新聞 8月14日(木)16時46分配信

大体酒が入れば肉なんてどこも同じだと思うんですが、
それにしても今回の木曽路偽装事件は確信犯に近いんじゃないですか?

コンプライアンスで規定されているとしたら、
各店舗の責任者はそれなりの罰則があってしかるべきであると思うのですが・・・。

もしないとするならば、
組織的に隠ぺいしていたと思われても仕方ないでしょう。

今まで散々食品偽装が社会問題になってきたことを考えると、
当然企業として準備はしてたはずですがそれが無いようです。

看板かえて出直した方が賢明かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク