通販の拡大に伴って国内の物流業者キャパがパンク寸前

ヤマト、宅配便の設備増強

アマゾン利用急増で物流網変化-ヤマト、宅配便の設備増強

通販の拡大に伴って国内の物流業者キャパがパンク寸前

現状通販の物流サービスに対応しきれている業者はヤマト運輸だけであろう。

通販の物流ではただ単に商品を運ぶだけでなく、
当然価格やきめ細かなサービス内容も必要であり、

それを満たしている物流業者はヤマト運輸だけだということである。

では佐川急便や他の物流業者はどうだろうか?

残念ながら顧客を満足させるだけのスキルは持ち合わせていない感じである。
あまりにもクレームが多いことは世間のしるところである。

そのような考えると、
現状や今後に備えて、
物流業者があまりにも足らなすぎる。

アマゾンやヤフーが自前で物流業に乗り出すことで、
今後の通販の未来に希望を与えるのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク