トヨタ最高益なのに下請け7割が減収はいつものこと

トヨタ最高益なのに 下請け7割が減収

トヨタ最高益なのに 下請け7割が減収

トヨタ自動車の1次・2次下請け企業のうち約7割で、2013年度の売り上げがリーマン・ショック前の07年度の水準を回復していないことが分かりました。民間信用調査会社の帝国データバンクが行った「トヨタ自動車グループの下請け企業実態調査」で明らかになりました。

 調査によると、トヨタの下請け企業は、1次が4935社、2次が2万9315社。従業員数は合わせて135万3193人。そのうち、07年度から直近の13年度において、それぞれ2期連続して年売上高が判明した2万173社について調べました。

 その結果、13年度の売上高が07年度を下回る「減収」企業の割合は、1次と2次の合計で70・5%(1万4232社)でした。1次では68・1%(2179社)、2次では71・0%(1万2053社)でした。

 トヨタ自動車の14年4~6月期連結決算は、営業利益、税引き前利益、純利益のすべてが過去最高を更新しました。帝国データは、「業績拡大が続くトヨタ自動車本体をはじめ、トヨタ直系を中心とする上場クラスの部品メーカーなども軒並み好調を支持している。しかしその一方で、下請け企業の中では大手・中小の業績格差が広がりつつある」としています。

何やかんやと理由を付けて、
下請けの請け負う単価を下げることはトヨタの常套手段です。

昔からやってきたこと。

また規格通りに納品していても、
リコールが出れば、
下請けが賠償責任を負うのも常套手段。

その上品質にも厳しく、
現場レベルでは決められた規格以上の品質も要求されるのも
日常茶飯事でしょう。

活かさず殺さずが下請けの操縦方法らしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク