【中国】日本企業への罰金200億円は気分次第でしょ。

中国国家発展改革委員会

日本の12社、独禁法違反=自動車部品、罰金200億円―中国

 【北京時事】中国国家発展改革委員会(発改委)は20日、日本の自動車部品メーカー12社が独占禁止法に違反したと認定し、計12億3540万元(約200億円)の罰金を科すと発表した。中国中央テレビは、同国の独禁法違反事案では過去最大の罰金と伝えた。2000年から10年以上にわたって価格カルテルを結ぶなどしたことが、完成車価格の押し上げにつながり、消費者の利益を損なったと判断した。
 12社は、日本精工(罰金額1億7492万元)やNTN(同1億1916万元)などベアリングメーカー4社と、デンソー(同1億5056万元)、矢崎総業(同2億4108万元)、古河電気工業(同3456万元)など8社。密接に連絡を取り合った上で、値上げを決めるなどしたという。
 発改委は日立製作所子会社の日立オートモティブシステムズと、不二越については、違反を認定しながらも、自発的に関連状況を報告し、重要な証拠を提供したとして、罰金を免除した。

時事通信 8月20日(水)11時32分配信

日本企業への罰金はこれからもっと増えるでしょうね。
とくに中国経済が冷え込んで来ればなおさらでしょう。

気分次第で融通ができるんだから・・・。

まあ自分の土地でなすやきゅうりを収穫するのと同じ感覚でしょう。

賄賂足らなかったんちゃうの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク