【代ゼミ閉鎖リストラ】代ゼミ27校中20校閉鎖へ従業員の希望退職者や講師の契約解除が加速化してしまうのだろうか

【代ゼミ閉鎖リストラ】代ゼミ27校中20校閉鎖へ職員の希望退職者募るとともに講師の契約解除が加速化

代ゼミ27校中20校閉鎖へ、希望退職者募る

大手予備校の代々木ゼミナールは23日、全国27校の7割超に当たる20校を、来春にも閉鎖する方針を明らかにした。少子化による受験生減少などが背景とみられる。

 代ゼミによると、閉鎖の対象は、仙台、大宮(埼玉県)、横浜、京都、神戸、小倉(福岡県)、熊本など。20日、講師らに理事長の方針が伝えられた。今後、講師陣と交渉して残る7校に来春から出向させる予定。職員には希望退職者を募るが、対象や人数は明らかにしていない。

 閉鎖する20校では来春以降の生徒募集をせず授業を打ち切り、所属する高校1、2年の塾生にはグループの進学塾を勧めていく。東京の本部校と造形学校(芸術系)、札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡の各校を残す。

 代ゼミは1957年に創立。駿台予備学校、河合塾と並び「3大予備校」といわれた。学校法人高宮学園(東京都渋谷区)が運営し、全国17都道府県の大都市に校舎を展開している。代ゼミの広報担当者は「少子化だけが原因ではなく、コンパクトな拠点を増やし、生徒が通いやすくなることを目指す」と話した。生徒や保護者には、9月以降に順次説明していくとしている。

スポーツ報知 8月24日(日)7時4分配信

代ゼミ閉鎖リストラ

スポンサーリンク

代ゼミ閉鎖リストラ-固定費のスリム化や固定資産の売却

羽振りのいい時は駅前の空いた不動産なんかは必ず代ゼミに話があったという。

ということは基本的に駅前の一等地は自前の資産と言って間違いないでしょう。

新聞にも載っていましたので、基本的に不動産業が大きな柱の一つになるのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク