【朝日新聞】戦前から言論統制・検閲の大得意な朝日新聞

【朝日新聞】戦前から言論統制・検閲の大得意な朝日新聞。

ジャーナリストの池上彰氏(64)が、慰安婦問題に関する記事の一部を取り消した朝日新聞報道を批判した原稿の掲載を拒否されたとして、同紙での連載中止を申し入れていたことが2日、分かった。池上氏は産経新聞の取材に「これまで『朝日の批判でも何でも自由に書いていい』と言われていたが、掲載を拒否され、信頼関係が崩れたと感じた」と説明している。

 池上氏によると、連載中止を申し入れたのは、朝日で毎月1回掲載されていた「池上彰の新聞ななめ読み」。池上氏は8月29日掲載分として、朝日の慰安婦報道検証や、それを受けた他紙の反応を論評する予定だった。掲載数日前に原稿を送ったところ、28日に担当者から「掲載できない」と連絡があったという。

 池上氏は「原稿の具体的な内容については言えないが、私自身は朝日新聞の検証を不十分だと考えており、そうした内容も含まれていた」と述べた。

「連載中止を決めたわけではない」と朝日新聞 池上氏の連載打ち切り申し入れに

ジャーナリスト池上彰氏(64)が朝日新聞で連載していたコラムの打ち切りを申し入れたことについて、朝日新聞広報部は「連載中止を正式に決めたわけではなく、今後も誠意を持って話し合う方針だ」とコメントした。

(産経新聞)

朝日新聞

スポンサーリンク

朝日新聞

自分に都合の悪いことはトコトン拒否ですねえ。
自ら言論の自由のはしごを外してるのは朝日新聞でしょう。
公共性がない新聞社ならいざ知らず、国家より検閲三昧なのはあなた方でしょう。北朝鮮に行って金正恩の言論統制・御用新聞なら最適ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク