労働者派遣法改正案が審議入り「正社員への希望消える」のか?

28日の衆院本会議で審議入りした労働者派遣法改正案について、政府は「派遣労働者の能力向上を図り、正社員への転換を促す」と説明している。しかし、企業は運用次第で派遣労働者をずっと使い続けることが可能になるのが実態だ。労働組合は「生涯派遣、正社員ゼロ法案」と強く反発。派遣労働者からは「正社員として働く希望さえなくなる」との声も上がっており、審議を通じて問題点が浮き彫りになりそうだ。【東海林智、吉田啓志】

 現行法は派遣労働の固定化を避けるため、一般事務など大半の仕事は派遣労働者を3年しか雇えない。一方、高い技量が必要で企業側の需要が高い専門26業務は、この規制がない。ただ、こうした労働者保護の規定も、力関係の強い派遣先企業との間で十分には守られていない。

 派遣で7年間働く東京都内の女性事務員(32)は、仕事は一般事務だが、派遣先では専門26業務の一つ「OA機器操作」要員とされる。今の職場は3年の上限を上回る5年目で「派遣は立場が弱く、違法でもモノが言えない」と漏らす。

 改正案が成立すれば、専門26業務は廃止され、全業務とも派遣期間の上限が3年となる。その一方で、労働者を3年ごとに入れ替えれば、どんな仕事でも永久に派遣に任せられるようになる。

 専門職でも、派遣労働者は3年で仕事を変わることを迫られる。女性事務員は「頑張っていれば、いつか正社員に」とボーナスがない仕事に耐えてきた。成立すれば、職場で3年ごとに派遣労働者が入れ替わる事態も起きかねない。

 厚生労働省の調査では、派遣労働者約116万人のうち6割以上は、正社員登用を望んでいる。改正案は正社員化を後押しするため、派遣元企業に対して労働者への計画的な教育訓練や、派遣先に直接雇用を求めることなどを義務づける。同省は「派遣が増えることはない」と語る。

 ただ、改正案が実際に安定雇用につながるかどうかは懐疑的な見方が強い。大卒後に派遣で働き続けてきた女性(42)は、商業英語を学ぶなど能力を磨いてきたが、正社員にはなれていない。派遣社員と企業の発言権の大きさはかけ離れており、「会社は使い勝手がよくなったと思っただけ。私たちは都合のいい部品なのか」と憤る。
http://mainichi.jp/select/news/20141029k0000m010153000c.html

労働者派遣法改正案

8名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:10:09.37
正社員も契約関係なんだから
正社員と契約社員とを区別することがおかしい
終身雇用か期間雇用かの違いだけでしょ

15名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:12:35.15
>>8
直接雇用なら期間工になるよ。

9名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:10:11.10
なんでで派遣会社の正社員ということにはならないんだろうな

32名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:19:20.74
>>9
なっても派遣先がなくなると実質戦力外通告

10名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:10:33.23
イスラム国に逝く奴が増えるな

12名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:11:33.49
派遣の労働賃金を社員より高く設定すれば解決するよ。1.5倍ぐらいかな?

18名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:12:57.93
>>12
本来の派遣はそういうものだった
特殊技能を持った人など「頭数が足りない・1社で雇用するには賃金が高すぎる」人を便利に使いましょうが派遣の意味だった
だから、正社員の何倍もの給料を取るのが当たり前だった

しかし小泉が派遣法改正して派遣=使い捨て にした

14名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:11:52.74
正社員を禁じればいいよ。

16名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:12:44.38
派遣の最低賃金を設定すればいいじゃん。

時給2000円以上とか・・・。

19名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:12:57.96
非正規労働を禁じればいいよ。

27名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:16:49.74
しょうがないわな
安定の自民政策だわ

28名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/10/29(水) 15:17:08.46
派遣という制度自体をなくせ
派遣をするなら国が直接管理しろ
中間業者が間に入る分だけ無駄だ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク