ドラッカーの予言「人が宝」と口先だけでいう組織の行く末

「同期は100人くらいいますが、もう半分は辞めました。営業も開発も。
仕事のプレッシャーがきつくてメンタルヘルス不調になって、会社を休む日が続いても、職場の人たちは誰も連絡を取らない。
まあ、同期の僕らはメールしたり電話したりしますが。それである日、退職届がメールかなんかで送られて来たら、
翌週からは別の人がそいつの机に座っている。そんなことに繰り返しで慣れっこになってしまいましたよ」

 もう10年前になるが、大手SIer勤務の20代の社員からこんな話を聞いたことがある。
今ほどにはメンタルヘルスの問題が認知されていない時期だったが、かなり衝撃を受けた。

 仕事のプレッシャーからメンタルヘルス不調になる社員がそんなに多いことも驚きだったが、
それ以上にショックを受けたのが職場の対応だ。
上司も同僚も、メンタルヘルス不調者を支援せず、厄介者として切り捨てようとしているかのように感じた。

 それから月日が経ち、今やこうした職場は全く珍しくなくなった。メンタルヘルス不調はあらゆる業界の共通課題だ。
「不調者にどう声を掛ければいいか分からない」「自分の気遣いがかえってプレッシャーになるのではないか」
「心の病は医者しか治せない」。身近にメンタルヘルス不調者が出ると、心の中でこんな言い訳をして当たらず障らず。
自分にも経験がある。
imgdi00016

 そんな時代に警鐘を鳴らす言葉がある。

 「あらゆる組織が『人が宝』と言う。ところが行動で示している組織はほとんどない」

 言葉の主は経営学の巨人、ピーター・ドラッカー氏。2000年に出版した「プロフェッショナルの条件」にこう記している。

この後には「事実上、すでに組織は、製品やサービスと同じように、あるいはそれ以上に、組織への勧誘について
マーケティングを行わなければならなくなっている」という言葉が続く。知識労働者が主流となり、人材流動性が高まると、
人材獲得競争が起こる。ドラッカーはこの本で、そうした時代の組織のあり方を考察している。

 この言葉を違う切り口でとらえたのが、臨床心理士の尾崎健一氏だ。ライフワーク・ストレスアカデミー代表取締役として、
様々な企業のメンタルヘルス改善のコンサルティングに当たる。ドラッカーの言葉を、「メンタルヘルス不調者が続出することを
職場の問題として捉えず、個人の問題として切り捨てる組織の問題に読み替えられる」とする。

 「ドラッカーに触れたのは『もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)』がきっかけの、
にわかドラッカリアン」という尾崎氏だが、ドラッカーの様々な著書を読み漁るなかで、「この考えを経営者や管理職が実践したら
メンタルヘルスも少なくなるのに」「この考えを働く人が理解していたらストレスも少なくて済むのに」と考えるようになった。
そうした発想から、ドラッカーの言葉を引用して、メンタルヘルス不調が起こる職場の改善策を考察するコラムを、
日経情報ストラテジー誌上で連載してきた。

 「人が宝」をテーマにした回では、メンタル不調者について「残業できない人は要らない」と陰口をたたき、人事部に
「補充人員がほしい。休職中の人を辞めさせる方法はないか」と相談する職場を例に挙げた。そうした組織の行く末として、
メンタルヘルス不調者以外の社員が職場に不信感を強め、相次いで退職する姿を描き出している。

ストレスチェック義務化は「人を使い捨てにする組織」をなくせるか

 このストーリーは尾崎氏の経験に基づくフィクションだ。しかし現実の世界でも、「人が宝」を実践しない組織は
しっぺ返しを食らうことになるかもしれない。2014年6月に成立した改正労働安全衛生法では、従業員50人以上の会社に、
社員の心理的な負担を把握する「ストレスチェック」の実施を義務付けた。2015年12月の施行に向け、
具体的な運用方法が議論されている。

プライバシーに深く関わるので、運用には慎重さが求められる。結果は医師や保健師から従業員に直接伝えられ、
上長が個別の部下の情報を把握することはない。高ストレス状態にあると分かった従業員は、会社を通じて
医師の面接を希望できるが、それによって異動や昇進で不利にならないようにする、といった方針が明らかになっている。

 この制度の目的は、従業員が自身のストレス状態に気づき、メンタルヘルスの悪化を予防することにある。
とはいえ、組織への影響も皆無ではないだろう。

以下ソースで
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/110500103/

imgdi00052

51名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 03:10:00.06
>>1
管理をできない人間を、年功序列で管理職などにするからだろ
社員が壊れたら会社の損害なんだから、管理職を減俸するか左遷すべきなのにな

5名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/11(火) 23:59:55.99
社員は宝、生かさぬよう殺さぬよう

6名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:02:07.46
社員は使い捨て・・・。一年中求人してる会社ってどうなの?

離職率比較公開サイトあってもいいか。

7名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:03:02.85
コンサルティング(笑)
自分の船を操縦できない船長は辞めちまえwwww

8名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:04:00.04
自分に命令権がある直部下で、上司が連絡してない場合でもなければ
会社休んだからって連絡なんてしないがな

9名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:06:31.11
ブラック経営者ほど従業員への愛を語りたがる法則

11名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:12:20.22
今や、奴隷が宝だからな

14名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:15:48.61
会社のホームページを見て我が社を支えてるのは優秀な人材みたいなことが書いてある所で
製品の写真は載ってるけど役員の顔写真が載ってない所は口先だけ

16名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:23:31.59
時給800円のバイトにいちいち「店に入ってきた時に元気に挨拶」「立たせて応対」とかさせてる時点で頭がおかしいと思っています
「報酬最低レベルの労働」にどんだけ「プロ意識」求めてんのお前
「最低賃金」って「おうちでおてつだいしておだちん」のたかだか一つ上だぞ

21名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:32:24.84
ドラッカーは予言者じゃ無くて
会社組織にあるアルアルネタを半世紀以上収集したコレクター

22名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:42:30.33
ブラックは甘え

24名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 00:45:53.40
会社なんて、命を掛けて忠誠を尽くす崇高な対象でもないのに
何やってんだよ日本人は。
もっとしっかり構えて対応しろ。
ダメな会社はダメ。

36名無しさん@恐縮です@もり万太郎 2014/11/12(水) 01:12:01.08
ドラッガーの本を編集した会社はたくさんの負債を抱えて会社は倒産し
社長も一時期ホームレスにまで落ちた。

本を作った会社でさえあっさり潰れるのです。
本に書いてあることなんて経典の中にあるお経のようなものです。

imgdi00054

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク