大体社会保険が高すぎなんだよ企業負担の限度を超えている。

大体社会保険が高すぎなんだよ企業負担の限度を超えている。

ついに厚生労働省が本腰を 国税庁データ利用でブラック企業の徹底取り締まり開始

ブラック企業対策について、徹底した取り締まりがなされていないと批判が集まっていた、厚生労働省が動いたようだ。
7月22日の朝日新聞の報道によると、厚生労働省は、国税庁の納税データを利用して、法令で定められている厚生年金未加入の法人を割り出して指導を強化すると明言した。極めて画期的であり、かつ異例の措置である。

本紙においても、厚生年金への加入義務がありながら、加入を怠るブラック企業の実態をレポートした。
詳細は、ブラック企業で働いていたら日本年金機構から差し押さえ予告が来た をご覧いただきたい。
記事をご覧いただくとおわかりいただけると思うが、企業側が、法令を無視して、意図的に厚生年金に加入しなかった場合、年金事務所が取り締まることが難しい法令のジレンマがある。国民も、日本年金機構の従事者も困惑しているのが現状だ。
(ガジェット通信)

今がチャンスと厚生労働省が乗り出したらしいが、
大体、社会保険が高すぎなんだよ。

もちろん従業員の天引き分もすごい金額とられるし、
かつ企業側もほぼ同じ金額だけ法定福利費として計上しなければならない。

従業員を二、三人雇用するだけで20~30万は毎月とられる。

いったいどんだけ利益率のいいビジネスをしなければいけないことか・・・。

10%の利益で死に物狂いに経営している時代に・・・。

大企業は別として、まあこれだけ企業環境が悪い国で起業しよういう人は少ないでしょう。

ブラック企業

参考資料として業種別の1人あたり売上高(月)(千円)となります。
全産業:1,617 建設業:1,942 製造業:1,562 卸売業:4,066
小売業:1,774 宿泊、飲食サービス業:614 サービス業:677
黒字企業平均値(TKC経営指標より)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク