【号泣県議】野々村竜太郎議員の今後の進路は?

号泣県議・野々村議員の正体と異常な過去

兵庫県議会の野々村竜太郎議員(47=無所属)の政務活動費問題で号泣釈明会見は
いろんな意味で衝撃を受けました。

釈明にはなっていませんでしたが、
政治家としてはあまりにも意味不明な言動が逆に有権者の心証を悪くしてしまったような気がします。

兵庫県議会の野々村竜太郎議員は兵庫県出身、関西大学法学部法律学科卒業。
地域政党「西宮維新の会」の初代代表を務めている。
実際には無所属という扱いらしいですが、橋下現大阪市長の維新の会の風にのって、
兵庫県川西市役所を退職後、5回目の立候補で兵庫県議に最下位ながら初当選したということです。

ののちゃん県議というニックネームらしい(ブログなど)ですが、
同僚県議の証言からは、理解不能な「超異常行動」が多々あったということで、
周辺では腫物扱いされていたということでしょうか?

政務活動費に関しては、東京や兵庫県の城崎温泉に日帰り出張を繰り返し、3年間で800万円を支出した不正疑惑が取りざたされ、領収書が添付されていないことや、同温泉に政策教授や、あるいは意見交換などを行うために1年間に106回訪問した目的などについて、相手先のプライベートの問題もあるということで答えられず“カラ出張”の疑いもあるとのこと。

それにしても兵庫県議会の規定というのも杜撰で、
領収書がないとか、相手先不明の政務活動がまかり通る自体有り得ない。
領収書なしで新幹線運賃まで申請できるのは民間企業では絶対あり得ない。
野々村議員も問題ですが議会の政務活動費に対する甘さ、
税金に対する甘さが目立った今回の騒動と言っていいでしょう。

結局のところ、下記の動画でもわかるように感情の起伏が激しく、精神的に問題があるような感じにしかしないでしょう。
訂正・返納ということを明言し、事務局と相談させて頂きたいということですが、
有権者は二度と当選させることはないでしょう。
出来もしない釈明会見など開かず返納だけしていればまだよかったと思いますが・・・・。

まあ再選は無理だから、
1.タレントで活躍すべし。
2.高校の後輩の橋下大阪市市長に拾ってもらう。
3.出家して高野山に籠る。
が無難じゃないでしょうか。

政治家は諦めて真っ当な人生を歩んでもらいたいものです。

▼野々村竜太郎議員の釈明動画▼

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク