<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=aupanejapan-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B002CJM1EA&linkId=74ce24666982762edb5b8633981a778f&bc1=000000&amp;lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

【ブラック企業】「天下一品」木村勉社長らが「誠意みせろ」と恫喝事件

【ブラック企業】「天下一品」木村勉社長らが「誠意みせろ」と恫喝事件
中華そば専門店「天下一品」を運営する天一食品商事(大津市)の木村勉社長らに、トラブルの示談金として1800万円の支払いを約束する念書を書くよう強要されたとして、京都市の広告代理店が慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決で、京都地裁は5日までに、天一食品商事に精神的苦痛による慰謝料として約50万円の支払いを命じた。判決は4日付。

 判決理由で武田美和子裁判官は、社長が「誠意を見せろ。車を売ったらいい」などと暗に金銭を要求、念書を書くよう迫ったと認定した。代理店側に示談金を支払う必要はなく「強迫や高い示談金の要求で、精神的苦痛を受けた」と判断。商事側の「代理店側が示談金の支払いを言い出した。強迫はない」との主張は退けた。

 判決によると、天一食品商事の社長らは平成24年10月、広告代理店の代表者を「視聴率が低い時間にテレビCMを流して損害を与えた」と非難。示談金支払いの念書を書くよう迫った。

 天一食品商事の代理人弁護士は「判決の事実認定は間違いだ」としている。

大手企業でも平気ですごんで来るのは事実。
特にあぶないのが社長が一代で築き上げた大企業系や、
運送大手などは酷いもんですな・・・。

特定暴力団指定したほうがいいんちゃうかくらいの
夜中の何時だろうがお構いなしに自宅まですごみにきます。

こうゆう連中は法律を知らないので、
しっかり法律で対応しないと際限が効かないので気を付けましょう。

慰謝料でもしっかり訴訟に持ち込まないと
懲りない連中なので今回の恫喝事件なんかは
すごくすごまれる側にとってはいいことだと思います。

まあこんな企業に限って慈善事業とかアピールして、
優良企業ずらして裏ではアクドイことやっていることが多い。

みなさんも騙されないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク