マック中間決算は減収減益、鶏肉問題で通期予想は「白紙」にカサノバ社長が陳謝

マック中間決算は減収減益、鶏肉問題で通期予想は「白紙」に カサノバ社長が陳謝

マック中間決算は減収減益、鶏肉問題で通期予想は「白紙」に カサノバ社長が陳謝

 日本マクドナルドホールディングス(HD)が29日発表した6月中間連結決算は、最終利益が前年同期比59・4%減の18億円となる大幅な減収減益決算となった。サラ・カサノバ社長による新体制となったものの、業績改善策がいずれも不発だった。

 さらに、このほど起きた中国の使用期限切れ鶏肉問題のため、今後の売上高減少が見込まれることや、信用回復のための投資が必要になるためとして、通期の業績予想を未定にした。

 同日、カサノバ社長は会見の冒頭で、鶏肉問題で、「お客さまに大きな心配をかけることになってしまった。また、チキン商品をすべてタイ製品に切り替えたことで、店舗で提供できないものもでており、ご迷惑をかけている」と謝罪した。今後は顧客に安心してもらえるよう、仕入れた食材の最終加工国や原産国を公開することも明らかにした。

 中間決算の売上高は前年同期比6・7%減の1210億円、営業利益は同50・3%減の35億円だった。

産経新聞 7月29日(火)15時31分配信

不味くてもあのジャンクさを求めて行列する場合もあった。

あのジャンクな食べ物が食べたくなるもので、
決して美味しくはないのだけれども、
私の貧乏舌を魅了して止まないのがマックだった。

学生の頃から慣れ親しんできた味で、
100円でたらふく食べれた。

それはカネのない若者の憩いの場であり食事だった。

新作は投入してるがめちゃお値段がたかい。

しかし、最近は昔に比べて馬鹿に高い。
もちろん牛丼や他の外食が安くなってきたことも原因だが、

ハンバーガーセットを食べるなら牛丼を食べるほうが、
胃袋のパフォーマンスはいい。

ハンバーガーで胃袋を満たそうとすると今1000円以上かかってしまう。

また最近の新作はネーミングと小手先の味変だけで、
「組み合わせかえてるだけじゃん。」的な感じで、
びっくりする新作は皆無に近い。

確かに量はでかくなったが・・・。
それだけである。

安心して子供に食べさせられない。

今回のチキンナゲット問題で安全さえもチキンになってしまった。
子供と一緒にハッピーセットを注文していたが、

それもできなくなってしまった。

大人が食べる分は多少いいけど、
子供の口に入るものがこのような状態では安心して食べさせられない。

ついに恐れていた
高い・不味い・危険
の三拍子揃ってしまった。

もっと足元みた経営が求められるんじゃないですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク