<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=aupanejapan-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=B002CJM1EA&linkId=74ce24666982762edb5b8633981a778f&bc1=000000&amp;lt1=_blank&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

置屋とは

置屋とは

おきや【置屋】

遊女,芸者などを抱え,あるいは居住させる業態の家。遊郭における揚屋(あげや)に対し,遊女を送り込む側を置屋と称したものであろう。女郎屋を〈おきや〉と呼んだ古い例として《瓢金窟》(1747)が挙げられるが,同じ性格であるため芸者屋も置屋と呼ぶことがあった。正確には女郎置屋や芸者置屋であるが,俗語としては単に置屋で通用した。置屋は遊女や芸者を居住させるだけで,客をあげて遊興させないことが原則であり,この意味で吉原の女郎屋には置屋の別称は生じなかった。世界大百科事典

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク