【佐世保女子高生殺人】日本の女子学生は、同級生を殺すことを『認めます』-BBC記事

日本の女子学生は、同級生を殺すことを『認めます』BBC

伝えられるところでは、日曜日に逮捕された日本の女子高生は、彼女の同級生を殺して、切断することを認めたと、ローカル・メディアではなっています。
女の子が彼女が体を「誰かを殺して欲しくされて」、切断すると認めたと言うように、全国通信社共同は警察に源を提示しました。
殺人は、子供たちによって子供たちのいくつかの殺害を見た日本で、見出しを製作しました。
類似した事件は、10年前、同じ都市(佐世保)で起こりました。
ごく最近のケースでは、彼女が帰ることができなかった、そして、警察と呼ばれている彼女の両親が朝日新聞紙を言ったあと、アイワ・マツオ(15)の身体は早くから日曜日の朝に容疑者の家で見つかりました。
警察筋は、16才の容疑者が彼女の家(彼女は4月から一人暮らしをしていました)に土曜日の夜に犠牲者と戻ったとローカル・メディアに話しました。
それから、容疑者(彼女が未成年者で、その人は名前を挙げられることができません)はツールでマツオの頭の後ろにぶつかって、彼女の家でロープで彼女を絞め殺しました。
マツオの体は、彼女の頭と左手を切断して見つかりました。 彼女の腹は、開いているように切られました。
警察筋は、彼らがハンマーとのこぎりを容疑者の家で発見すると言いました。
『問題の歴史』
彼女も、インターネット掲示板にいくつかのメッセージ(それは血まみれの手の写真を含みます)を貼ったように見えました。
警察は、マツオが死んだと考えられたおよそ2時間後に出てき始めたこれらのメッセージを現在調査しています。
容疑者の母は昨年ガンで死んだ、そして、彼女の父は最近再婚したと、ローカル・メディアではなっていました。 知人によると、彼女は留学する準備をしていました。
共同は、彼女には問題の歴史があったと言うように、彼女を知っていた人々を引合いに出しました。
容疑者は、現在、精神鑑定を経験することになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク