日本とモンゴルEPA大筋合意自動車関税の撤廃は・・・北朝鮮外交への布石

日本とモンゴル、EPA大筋合意へ 自動車関税は撤廃

日本とモンゴル、EPA大筋合意へ 自動車関税は撤廃

日本とモンゴルの経済連携協定(EPA)を巡る交渉で、両政府が大筋で合意する見通しとなった。最大の焦点だった日本車の関税(5%)の撤廃を、モンゴルが受け入れたためだ。22日に都内である安倍晋三首相とモンゴルのエルベグドルジ大統領の会談にあわせて、合意を表明する。

 EPA交渉でモンゴルが大筋合意するのは初めて。日本には北朝鮮と国交があるモンゴルと連携を深めて、日本人拉致問題での協力を得たい狙いもある。

 両国間の交渉は2012年6月にスタート。これまで計7回の交渉会合が開かれ、日本からの主要輸出品である中古車などの関税の扱いが焦点となっていた。

 関係者によると、両政府は首脳会談に先立ち、今月19日から都内で非公式の協議を開催。モンゴルが年式や排気量に応じて段階的に日本車の関税率を引き下げたうえで、10年以内にほぼ撤廃することで一致した。一方、モンゴルが求める牛肉など主要農産品の関税撤廃では、日本が一定程度の削減に応じることなどで折り合ったとみられる。

 また、モンゴルは石炭や銅、レアメタルなどの鉱物資源が豊富で、日本政府は日本の商社やエネルギー企業が資源開発に参加しやすい環境をつくることも狙っている。このため、モンゴル政府の制度変更などで進出した日本企業に不利益が生じた場合、同政府に対して損害賠償を求めやすくする取り決め(ISDS条項)も、協定に盛り込まれる見通しになった。

 13年の日本のモンゴルへの輸出額は293億円で、中古車を中心に自動車が数十%を占める。モンゴルからの輸入額は鉱物資源や繊維製品などで18億6千万円となっている。(小林豪、藤田知也)朝日新聞デジタル 7月21日(月)21時17分配信

ねばり強く交渉を続けた結果が結実した喜ばしいニュースであります。

最終的にモンゴルが自動車関税撤廃に関して譲歩したということですが、
モンゴルの大人の決断に敬意を称したい。

お隣の子供のような国とはえらい違いですな。

やはり日本・モンゴルの信頼関係が結実したということでもある。
両国には連携できる経済的な問題や課題、外交においても対中国という大きな課題がある。

また日本においても北朝鮮との拉致問題や核問題の解決に向けた取り組みを進めるために、
北朝鮮との国交のあるモンゴルとの連携をさらに強化しなければならない。

さらに今後、モンゴルは中国にかわる資源国として日本も重要視していかなければならないし、
モンゴルは東南アジアと同様に経済発展していくことでしょう。

大相撲でもたくさんのモンゴル人力士が誕生してますので、
日本国民のモンゴルにたいするイメージも良好ですから、
どんどん連携をすすめてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク